国家資格が必要

女性

レントゲンを撮る仕事

診療放射線技師とはどういった存在なのかといいますと、病院でレントゲンを撮る際に、医師の指示の下で患者に放射線の撮影を行う専門家のことをいいます。レントゲンを撮るためには専門家が要され、この職業に就くためには診療放射線技師を養成する学校に3年以上通って勉強しなければなりません。養成する学校は4年制の大学または3年生の短期大学、そのほか専門学校となります。学校を卒業すば診療放射線技師の資格取得のための受験資格が得られます。そして試験に合格することができれば、栄えある診療放射線技師の資格を取得することができます。診療放射線技師の資格は国家資格であり、必ず保持していなければなることができない職業です。この職業は意外と目指そうとする人も多く、医師に比べて進学しやすい偏差値の私立大学もあります。しかも女性のほうが、この職業は重宝がられるといわれています。その理由は、乳がんの検査のために行うマンモグラフィー検診は女性が多く、そのため男性の診療放射線技師が対応するのを嫌がる人がいるのです。しかし診療放射線技師が女性だと、検診を受ける女性は安心して受けることができるということで、女性のほうが就きやすいといわれています。しかしだからといって男性が慣れないというわけではなく、検診を受ける人の気持ちを考えられるコミュニティ力を持った人なら、男性でも十分検診を受ける人に安心させながら作業に取り組むことができます。

Copyright© 2018 臨床工学技士を目指そう【医療機器を扱うスペシャリスト】 All Rights Reserved.